当サイトでは人気の馬プラセンタサプリを比較して紹介しています。
人気の馬プラセンタサプリを徹底比較!コスパがよくて効果があるのはどれ?
馬プラセンタ

人気の馬プラセンタサプリを徹底比較!

人気の馬プラセンタサプリをご紹介する前に、まずはプラセンタの持つ美容効果や種類、摂取方法、それぞれの安全性や価格帯などについてご紹介いたします。先に馬プラセンタサプリランキングをチェックしたい方は、こちらのページにまとめてありますので、ぜひご参照ください。

プラセンタとは?

プラセンタとは?

プラセンタとは、哺乳動物の「胎盤」、またはこれを原料として抽出されたエキスのことを指します。プラセンタには、生命の維持に欠かせないたんぱく質、糖質、脂質の三大栄養素に加え、美容・健康・ダイエットなどに欠かせないアミノ酸、体を若返らせるビタミン・ミネラル・核酸・酵素など、普段の食事などでは摂取できない栄養素・美容成分もたっぷりと詰まっています。

また、ひとつの受精卵が膨大な細胞分裂を繰り返して赤ちゃんが作られるのをサポートするプラセンタには、単なる栄養分だけではなく、細胞の分裂を適切にコントロールする「成長因子」という成分が含まれています。

成長因子には、細胞の新陳代謝を活性化させ、血流、情報伝達物質、ホルモンバランスなど、身体中のあらゆる機能を正常に整えようとする働きが備わっているため、これを摂取することで、肌がキレイになったり、疲労が回復したり、やる気が出てきたりと、生命活動のレベルが上がり、活き活きとした毎日をもたらしてくれるとも言われています。

プラセンタはどうやって摂取するのがいいの?

プラセンタを摂取する方法は、大別すると「サプリメント」「注射」「化粧品」の3つの方法があります。即効性や安全性、費用などの面で、三者にはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれ詳しくご紹介いたします。

サプリメント

プラセンタサプリメント

ひとつめは、サプリメントなどを用いて経口補給をするという方法です。サプリメントは、そのほとんどが「プラセンタエキス末」という、エキスを乾燥させて粉砕したものをカプセルに詰めた形状をしているため、基本的に素材純度は100%か、限りなく高純度となります。

また、製造工程において、高熱・高圧をかける時間が少ないことから、プラセンタに含まれる多くの優れた栄養成分は損なわれにくいと考えられています。

ただし、素材に近いということは、それだけ味や臭いを調整することが難しく、「飲みにくい」というデメリットにつながります。また、あくまで「体質改善のサポートのための栄養補助食品」であり、効果を実感するまでには、短くても2週間ほどの時間が必要となります。

注射

プラセンタ注射

ふたつめは、「プラセンタ注射」と呼ばれる方法です。サプリメントのように胃腸で消化されるという過程を経ないプラセンタ注射は、ダイレクトに体の中に入れることができるため、特に効果が高いと言われています。注射で用いられるプラセンタ製剤は 人間の胎盤を原料とした「ヒトプラセンタ」なので、元々人間との相性は抜群の素材であることも、吸収率や効果を高める要因のひとつと言えるでしょう。

ただし、美容目的でプラセンタ注射を行う場合には保険が適用されず、高いところだと1回につき1万円以上かかってしまうこともあります。効果が持続する期間も2~3日とあまり長くないため、美容効果を継続させたければ何度も注射を打つ必要があり、その分費用がかさんでしまいます。

また、プラセンタ注射を行うと感染症予防の観点から献血ができなくなる、ということも覚えておかなければなりません。

更に詳しく知りたい方はこちら

化粧品

化粧品

三つめは、プラセンタを配合したスキンケアアイテムを気になるところに塗布するという方法です。プラセンタ配合のスキンケアアイテムは、高保湿で潤いが続き、肌を健やかに保つことができます。

ただし、肌は吸収器官ではないため、プラセンタの栄養を吸収し、新しい細胞を育てるために使う、ということはできません。サプリメントや注射のように、身体の中から細胞を若返らせ、元気にするようなパワーは感じられないでしょう。

動物性・植物性・海洋性プラセンタについて

プラセンタサプリは、その原料によって動物性・海洋性・植物性に分けられます。それぞれの特徴やメリット・デメリットについてまとめ、ご紹介いたします。

動物性プラセンタサプリ

動物性プラセンタサプリ

動物性プラセンタサプリは、馬や豚などの哺乳動物の胎盤を原料としています。胎盤は胎児に栄養を与えるために、必須アミノ酸やたんぱく質、脂質、糖質などの三大栄養素のみならず、身体の働きを整えるビタミン・ミネラル・核酸・酵素といった生理活性成分などを豊富に含んでいます。

また、細胞分裂を促進する成長因子も含まれていることから、線維芽細胞の活性化やホルモンバランスの整調、代謝機能の促進や自律神経の調節など、身体のあらゆる機能を正常化する働きを備えています。

植物性プラセンタサプリ

植物性プラセンタサプリ

植物性プラセンタサプリは、動物の胎盤と同じような働きを持っている植物の「胎座」という組織から抽出されたエキスのを原料としています。アミノ酸やミネラルは豊富に含まれていますが、胎盤のように「成長因子」が含まれているわけではありません。

独特の生臭さがないため飲みやすいというメリットがある一方、実は胎座よりも花びらや果肉など他の部分の方が栄養価が高いということも多く、栄養価はそこまで高くありません。

海洋性プラセンタサプリ

海洋性プラセンタサプリ

海洋性プラセンタサプリは、魚卵の周りに張っている「卵巣膜」という薄い膜から抽出されたエキスを原料としています。他のプラセンタに比べると分子が小さいため、身体に吸収されやすいというメリットがある一方で、海水汚染などの影響を母体が受けている可能性がゼロではないという点がデメリットと言えます。

胎盤のように「成長因子」が含まれているわけではありませんが、美肌をつくる「エラスチン」という成分が豊富に含まれています。

いちばんおすすめなのは?

三者のもっとも大きな違いは、「成長因子が含まれているか」どうかです。成長因子は動物性プラセンタ特有のものであり、細胞分裂を活発にする力があり、代謝が良くなったり、老化を抑えたりすることにつながります。せっかくサプリを取り入れるのであれば、成長因子が含まれる動物性プラセンタが断然おすすめです。

動物性プラセンタサプリの種類

一口に「動物性プラセンタサプリ」と言っても、そのプラセンタの原料がどんな哺乳動物に由来するのかによっても、その価格帯や栄養素、安全性などが異なってきます。ここでは、現在市販されている動物性プラセンタサプリのほとんどを占める「馬由来」「豚由来」「羊由来」についてご紹介いたします。

馬由来のプラセンタサプリ

馬由来のプラセンタサプリ

馬は豚や羊に比べると体温が5~6度も高く、寄生虫の発生リスクが極めて低いため、飼育過程で抗生剤を投与されることがほとんどありません。また、豚や羊などの「偶蹄類」と呼ばれる動物に感染の危険性がある「狂牛病」や「口蹄病」といった病気についても、「奇蹄類」に分類される馬はかかりません。

奇蹄類である馬は、同じ草食動物でも、偶蹄類であるの豚や羊ように、一度咀嚼した牧草などを吐き戻す「反芻行為」というものを行わないため、内臓も清潔で敏感だと言われています。

馬は1年に1度、1頭しか赤ちゃんを産まないため、豚に比べると胎盤が臓器のように分厚くなっています。

以上の理由から、馬由来のプラセンタサプリメントは多くの場合一定の品質が保たれていて、豚由来のものと比べると希少価値が高く、サプリメントそのものの成分を比較してみても、馬由来の方が栄養価が高いことが多いと言います。

豚由来のプラセンタサプリ

豚由来のプラセンタサプリ

豚はもともと人間の臓器移植手術・皮膚移植手術などにも使われており、人間との相性は悪くありません。また、1年に2回、1回の出産で10頭の赤ちゃんを産むことができる豚からは、1頭当たり年に20回胎盤を採集することができるため、馬由来や羊由来のプラセンタサプリメントよりも低価格で購入できるのが魅力です。

ただし、豚は同じ場所で大量に育てられることが多く、感染症にかかりやすい動物なので、飼育時にワクチンや抗生剤などを投与されることが多くあります。

一度でも投薬された豚の胎盤からエキスを抽出する際には、その薬物を取り除く作業を行わなければなりません。この際、多くの栄養素や健康成分も一緒に失われてしまうと言われています。つまり、母体である豚の飼育環境や製造・加工方法によっては、プラセンタの品質にかなり良し悪しがあると言えるでしょう。

羊由来のプラセンタサプリ

羊由来のプラセンタサプリ

羊由来のプラセンタサプリメントは、豚由来や馬由来のプラセンタよりも、人間の身体になじみやすいと言われています。その理由には、羊の体重が人間の平均体重に近く、アミノ酸などの組織構成も人間とほぼ変わらないため、胎盤が人間のものに非常によく似ているという点が挙げられます。

また、羊は豚に比べると免疫力が高く、飼育時にワクチンや抗生剤などを投与されることがほとんどありません。胎盤からエキスを抽出する際に薬物を取り除く処理が必要ない分、より純度の高いプラセンタエキスを抽出することができます。

しかし、羊の胎盤を使った羊プラセンタの製造は日本では禁止されているため、海外から輸入したものしかありません。輸入品は輸送コストなどあらゆる費用がかさんでしまいがちなので、価格はどうしても高額になってしまいます。

原料で選ぶなら馬由来が断然オススメ!

三者を比較してみると、安全面でも栄養価についても「馬由来」がもっとも優れているということが分かります。唯一コスト面で豚由来には劣りますが、費用対効果を考えると、馬プラセンタの方がハイコストパフォーマンスと言えます。こうした背景から、いま馬由来のプラセンタサプリメントは多くの美容家たちや芸能人からも注目されています。

馬プラセンタサプリの選び方

そんな話題の馬プラセンタサプリはたくさん出ています。質のいいものを選ぶには、購入を決める前に以下のポイントについてチェックしてみましょう。

①プラセンタ含有量

①プラセンタ含有量

プラセンタの含有量はメーカーによって大きく異なります。1カプセルにつき200mg程度のものが一般的ですが、1日の摂取量として好ましいと言われているのは400〜500mg程度。1日の摂取推奨量から採れるプラセンタの量をチェックしてみてください。

②純度

②純度

プラセンタサプリの中には、製造過程においてエキスを薄めたり、増量剤などと合わせて「プラセンタ含有量」と表示したりしているものもあります。安全性の面から見ても混ぜ物のない純度100%のサプリかどうかは要チェックです。

③たんぱく質量

③たんぱく質量

プラセンタの質を計る基準の1つとしてたんぱく質の量(濃度)があります。たんぱく質の含有量が少ないものは、プラセンタから採れる優れた成分であるアミノ酸の含有量も低いということになりますので注意してください。

④価格

④価格

理想の摂取量とされている400〜500mgを毎日摂るには1日何カプセル飲まなければならないかも考慮して、月々にかかる金額を算出してみましょう。サプリはある程度飲み続けてこそなので、継続しやすいコスパかどうかも選択基準の1つです。

⑤エキス抽出法・製造方法

⑤エキス抽出法・製造方法

数あるエキスの抽出方法の中で、有用成分が壊れにくいのは培養細胞法・酵素分解法・分子分画法・凍結酵素抽出法だと言われています。製法についてはスプレードライ製法よりもフリーズドライ製法のほうがおすすめです。

⑥安全性

⑥安全性

管理品質の高い工場で生産されているかはもちろん、馬が育った環境についても確認して、安全性を重要視しているかどうかも見ておきたいですね。

⑦添加物

カプセルを作るためにはどうしても添加物を使用しなくてはなりません。その中には体に害のない動植物由来から作られた添加物を使用しているカプセルもありますが、いくら安全とはいえ組み合わせや量によっては有害性がうたがわれるものもあります。美容や健康に気を使うならやはり添加物の入ってないものや少ないものを選びたいものですよね。

ハードカプセル

医薬品分野で培った高い技術力を応用した最も汎用されている高品質のカプセルで、使用されいてるゼラチンや着色料にも動物由来や植物由来のものを使っていることが多いので安心して選ぶことができます。

ソフトカプセル

ソフトカプセルは別名軟カプセルとも呼ばれ、添加物が多く含まれているものが安価で多く出回っています。中には美容成分よりもソフトカプセルに使われている添加物の方が多いサプリも存在します。

馬プラセンタの人気ランキングを発表!

それでは、おすすめの馬プラセンタサプリを厳選し、ご紹介いたします。ネットの口コミ、その美容・健康効果、価格や内容量、プラセンタの含有量やアミノ酸配合量、コスパについてなど調べ、比較形式でまとめています。ぜひご参考になさってみて下さいね。

母の滴 プラセンタEX

人気の馬プラセンタサプリを詳しく見る母の滴 プラセンタEX

母の滴 プラセンタEX
母の滴 プラセンタEX 価格 成分 純度 プラセンタ量 タンパク質量 製法
合計30点/30点
価格
通常価格4,860円(60カプセル入り、1日2カプセルで約1ヶ月分)
定期便4,860円まとめ買い特典→3袋で+20粒入り小袋、5袋で+1袋
注目成分
  • 馬プラセンタエキス末
  • 馬サイタイエキス末(美容保水成分の宝庫で、プラセンタとの相乗効果が期待できる)
プラセンタ量
400mg(1日あたり)
純度
100%
タンパク質量
98.8%
製法
酵素分解、フリーズドライ製法で高純度を実現

母の滴 プラセンタEXの特徴

契約農場で育てられた上質な食用馬のプラセンタ(胎盤)とサイタイ(へその緒)だけをカプセルに詰め込んだ、純度100%混ぜ物無しのスーパープラセンタサプリメント。健康栄養成分をたっぷり含むプラセンタと、美容保水成分が豊富なサイタイを、マイナス30℃の低温乾燥により栄養成分を壊すことなく粉末化できる「フリーズドライ製法」で、アミノ酸の塊であるタンパク質量98.8%という高品質を実現、1日推奨摂取量の2カプセル飲むと、毎日400mgの馬スーパープラセンタを摂取することができます。

カプセルにも天然のカカオ色素を使用するなど、無添加・無着色にもこだわり、国内でも最先端の設備が整った製造工程と徹底した衛生管理のもと製造された、品質にも安全性にも信頼度の高いサプリです。

人気の馬プラセンタサプリを詳しく見る発酵キレイ・デ・プラセンタ

発酵キレイ・デ・プラセンタ
発酵キレイ・デ・プラセンタ 価格 成分 純度 プラセンタ量 タンパク質量 製法
合計27点/30点
価格
通常価格5,980円(30カプセル入り、1日1カプセルで約1ヶ月分)
特別定期コース初回1,980円 2回目以降4,980円
注目成分
  • 馬プラセンタエキス末
  • サイタイエキス末(美容保水成分の宝庫で、プラセンタとの相乗効果が期待できる)
  • 羊膜エキス末(GDF-11やEGF・FGFなどの有用成分をバランスよく含む)
プラセンタ量
220mg(1日あたり)
純度
100%
タンパク質量
65.2%
製法
馬プラセンタを発酵熟成して有用成分アップ

発酵キレイ・デ・プラセンタの特徴

北海道産のサラブレッドのプラセンタを発酵熟成して作られたサプリメントです。プラセンタと相性のいいサイタイエキスと、海外でも注目されており原料としては世界初配合のGDF-11や、EGF・FGF・KGF・HGFなどの有用成分を含む羊膜エキスを、発酵熟成されることで成分が安定し吸収率がアップしたプラセンタと一緒に摂ることで、健康と美容をバランスよくキープ。混ぜ物は一切無しで、カプセルにも国産植物素材を使用、独特のニオイを発散しないようバンドシール加工で飲みやすく仕上がっています。

よくある2号サイズのカプセルに比べてひとまわり小さい3号カプセルを採用している点や、臭いを漏らさないバンドシール加工など、飲みやすさにこだわって工夫されているうえ、植物素材のアレルゲンフリーなのも嬉しいですね。

人気の馬プラセンタサプリを詳しく見る母の滴サラブレッド100

母の滴サラブレッド100
母の滴サラブレッド100 価格 成分 純度 プラセンタ量 タンパク質量 製法
合計27点/30点
価格
通常価格7,020円(30カプセル入り、1日1カプセルで約1ヶ月分)
定期購入7,020円まとめ買い特典→5箱で+1箱
注目成分
  • 馬プラセンタエキス末
  • 馬サイタイエキス末(美容保水成分の宝庫で、プラセンタとの相乗効果が期待できる)
プラセンタ量
200mg(1日あたり)
純度
100%
タンパク質量
98.8%
製法
フリーズドライ製法で成分を損なわない

母の滴サラブレッド100の特徴

年間約2,000頭しか出産しない北海道日高産のサラブレッドのプラセンタとサイタイで作られたスーパープラセンタサプリメントです。原料はサラブレッドのプラセンタと、ヘパラン硫酸・コンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸をたっぷり含む希少なサイタイで、不純物や水分を含めないこだわりの製造過程により、タンパク質量98.8%を実現。フリーズドライ製法により、カプセルの中身は純度100%のプラセンタ+サイタイのみです。品質はアップしながら旧製品よりも20%以上の価格ダウンで販売されています。

人気の馬プラセンタサプリを詳しく見る優駿プラセンタ

優駿プラセンタ
優駿プラセンタ 価格 成分 純度 プラセンタ量 タンパク質量 製法
合計27点/30点
価格
通常価格4,622円(20カプセル入り、1日1〜2カプセルで約10〜20日分)
トライアルコース2,138円 定期購入4,082円
注目成分
  • 馬プラセンタエキス末
  • 発酵大豆胚芽抽出物(女性ホルモンバランスにアプローチ)
  • ヒアルロン酸(うるおいを促進してキレイをサポート)
プラセンタ量
250mg(1日あたり)、2カプセルなら500mg
純度
100%
タンパク質量
85.5%
製法
独自の製法で抽出し加熱処理したエキスをフリーズドライ加工

優駿プラセンタの特徴

北海道産サラブレッドの胎盤のみを使用した純度100%の馬プラセンタに、大豆イソフラボンとヒアルロン酸を組み合わせたサプリメント。高純度プラセンタを1カプセルで250mg摂取することが可能です。酵素分解とフリーズドライ製法を採用して有用成分を豊富に含んだ状態で製品化、さらに徹底した品質管理のもと数回の加熱処理により完全殺菌するなど安全性も重視して作られています。大豆イソフラボンとヒアルロン酸の同時配合により、幅広い年齢層の女性に評価されています。

人気の馬プラセンタサプリを詳しく見るキレイ・デ・プラセンタ

キレイ・デ・プラセンタ
キレイ・デ・プラセンタ 価格 成分 純度 プラセンタ量 タンパク質量 製法
合計27点/30点
価格
通常価格7,800円(30カプセル入り、1日1カプセルで約1ヶ月分)
特別定期コース初回2,980円 2回目以降7,020円
注目成分
  • 馬プラセンタエキス末
  • サイタイエキス末(美容保水成分の宝庫で、プラセンタとの相乗効果が期待できる)
  • 羊膜エキス末(GDF-11やEGF・FGFなどの有用成分をバランスよく含む)
プラセンタ量
220mg(1日あたり)
純度
100%
タンパク質量
65.2%
製法
胎盤から有用成分を壊さずに抽出するラエンネック製法

キレイ・デ・プラセンタの特徴

北海道産のサラブレッドの胎盤を使用した高品質プラセンタに、サイタイエキスと羊膜エキスを加えたスーパープレミアムプラセンタサプリメント。キレイ・デ・プラセンタの特徴は、有用成分が最も含まれている成長因子(グロスファクター)を壊さずに抽出するラエンネック製法を採用している点。サラブレッドの胎盤に豊富に含まれる健康成分を損なうことなく、サイタイや羊膜の有用成分と一緒にしっかり摂ることが可能です。1日1カプセル飲むことで毎日220mgのプラセンタを摂取することができます。

馬プラセンタのサプリなら「母の滴 プラセンタEX」がおすすめ!

理由その1:たんぱく質量が群を抜いている

たんぱく質量が群を抜いている

「母の滴 プラセンタEX」は、馬のプラセンタ(胎盤)とサイタイ(へその緒)を低分子化することで吸収率を高めたスーパープラセンタサプリです。

数あるプラセンタサプリの中でも「母の滴 プラセンタEX」が群を抜いているのは、サプリに含まれるたんぱく質量。有用成分のエキスの抽出方法やサプリの製造方法にこだわって作られており、98.8%のたんぱく質量を実現しています。これはつまりカプセルに詰まっている粉末のほとんどがアミノ酸ということ。プラセンタの中でも特に馬プラセンタはアミノ酸を豊富に含むことで知られていますが、せっかくそんな馬プラセンタを飲んでいても、混ぜ物や添加物によってたんぱく質量の割合が低くなっているものだと、実際にはあまり有用成分を摂取できていないことになりますよね。一方、「母の滴 プラセンタEX」はまさにアミノ酸の塊のようなもの。シリーズ5代目にしてやっと達成されたという超高品質です。

理由その2:コスパが良い

コスパが良い

プラセンタサプリは、医療機関でのプラセンタ注射や市販のプラセンタドリンクと違って即効性はなく、ある程度継続して飲み続けることで変化を感じることが期待できるものです。そのため、長く続けられる価格かどうかは非常に重要なポイントですよね。

「母の滴 プラセンタEX」は、1ヶ月分が4,860円(税込)なので、1日にして162円。これで毎日高品質のプラセンタを400mg摂取することができるというのは、かなりの高コスパです。さらにまとめ買いをするともっとお得に利用できます。1回の注射が2,000〜10,000円近くかかるプラセンタ注射や、1本300〜400円のプラセンタドリンクを毎日続けるのは経済的に困難ですが、1日162円なら明日の健康と美容のために支払えない金額ではありません。

1日の推奨摂取量が1カプセルで、30カプセル入った1ヶ月分のプラセンタサプリでもっとお安く手に入るものもありますが、「母の滴 プラセンタEX」を飲んだ場合に1日に摂れるプラセンタ量やたんぱく質量と同じ量を摂取しようとすると、1日1カプセルでは全然足りなくなり、結果1ヶ月にかかる金額は割高になります。ここは事前にしっかり計算してチェックしておきたいところです。

理由その3:安全性が高い

安全性が高い

「母の滴 プラセンタEX」の安全性の高さを支えている要素はいくつかあります。

  • 混ぜ物無し=添加物無し
  • 最先端のインフラが整備された製造工程
  • 馬の健康状態や飼育環境にも配慮
  • 原料収集から製造まで厳密にフロー化して品質を確保

混ぜ物無しでカプセルの中身はプラセンタとサイタイのみ、ということは余計な添加物は一切含まれていないということですね。そしてその成分へのこだわりは、カプセルにも天然由来成分のココア色素を使用するという徹底ぶりです。これらが厳しい安全管理のもと、繊細かつ高度な技術によって最先端のインフラが整った工場で製造されています。

そして原材料となる胎盤やへその緒を提供しているのはメキシコ産の食用馬。合成飼料ではなく乾燥した牧草を食べ、見渡す限り雄大な大自然という環境でのびのびと育った馬はストレス知らずで上質な食肉馬に育つそうです。上質な馬からは健康な胎盤が手に入るため、こうした馬の飼育環境もサプリの安全性を確保するためには重要ということですね。

母の滴 プラセンタEX

close

ページのトップへ