サイタイエキスについて詳しく解説しています。
人気の馬プラセンタサプリを徹底比較!コスパがよくて効果があるのはどれ?
  1. サイタイエキスとプラセンタの相乗効果

プラセンタと相乗効果あり?
サイタイエキス(へその緒)について詳しく知ろう

注目されている「スーパープラセンタ」とは?

注目されている「スーパープラセンタ」とは?

栄養を豊富に含むプラセンタが話題になって久しい昨今、「スーパープラセンタ」なるものを耳にして、気になっている人も多いのではないでしょうか。パッと耳にするとプラセンタがパワーアップしたものかな?と想像しますよね。

これは胎盤を原料として作られた「プラセンタ」エキスに、哺乳動物のサイタイから抽出された「サイタイ」エキスを加えたもの。プラセンタエキスの有効成分とサイタイエキスの有効成分は相乗効果があるとも言われており、それが「スーパープラセンタ」と呼ばれるようになっています。

サイタイ(臍帯)って何?

サイタイ(臍帯)って何?

そもそもサイタイ(臍帯)とは何かというと、胎児と胎盤をつなぐ組織、いわゆる「へその緒」のことです。プラセンタとサイタイは動物の体内ではつながって存在しているわけですね。

へその緒は胎盤に蓄えられている栄養分を胎児へと届け、老廃物や二酸化炭素を母体に排出するという胎児にとっての命綱のような役割を持っているものです。このへその緒(サイタイ)に含まれる臍帯血と呼ばれる血液には白血球や赤血球、幹細胞が豊富に含まれることから、医療現場でも広く使われています。

このへその緒(サイタイ)に胎盤と同じく豊富な栄養が含まれているのはどの哺乳動物でも同じで、そこに着目して作られたのがサイタイ+プラセンタの「スーパープラセンタ」というわけなのです。

馬プラセンタサプリ人気NO1 馬プラセンタサプリ人気NO1

サイタイエキスに期待できる効果とは?

サイタイエキスに期待できる効果とは?

サイタイとプラセンタは体内でつながっているため似た特徴を持っていますが、それぞれにしかない栄養成分もあります。そんなサイタイエキスに期待できる効果についてご紹介してみたいと思います。

アミノ酸
アミノ酸はプラセンタエキスにも豊富に含まれますが、これはタンパク質を構成するのに必要な成分でもあり、タンパク質を材料として作られるコラーゲン量に影響する成分でもあり、健康な肌を作る上でとても重要な成分です。
ヒアルロン酸
サイタイエキスには、プラセンタエキスと同様に天然のヒアルロン酸が含まれます。ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在する成分で、保水力や粘弾性を維持する働きを持っています。肌の保湿性や関節や軟骨のクッション機能に影響を及ぼす成分です。
コンドロイチン硫酸
コンドロイチン硫酸も体内の水分量の調節・保持や、刺激に対する吸収剤としての役割を持つ成分で、体内では関節液や結合組織に多く含まれます。ヒアルロン酸と同じくムコ多糖類の一種で、水を含むとゼリー状になる性質があります。
幹細胞
幹細胞は分裂して自分と同じ細胞を作り出したり別の細胞に分化したりする能力を持っており、再生医療などにも使用される特殊な細胞です。これをとり入れることによって肌の再生が期待できると言われています。

このほかにもサイタイエキスにはメラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを阻害する働きや、EGF(上皮細胞増殖因子)作用があることが近年の研究でわかってきています。赤ちゃんを成長させるために必要な組織であることからも、体内で重要な働きをしてくれるたくさんの成分が含まれることがよくわかりますね。

関連記事

ページのトップへ