馬プラセンタスプレードライフリーズドライについて詳しく解説しています。
人気の馬プラセンタサプリを徹底比較!コスパがよくて効果があるのはどれ?
  1. 馬プラセンタのフリーズドライとスプレードライの違い

馬プラセンタは製造方法で質が変わる?
フリーズドライとスプレードライの違い

あまり知られていない?
馬プラセンタサプリ選びの注意点

あまり知られていない?馬プラセンタサプリ選びの注意点

馬プラセンタサプリは、一般的に胎盤から抽出されたエキスを粉末状にしたものがカプセルに入った状態で販売されていますよね。見た目はどれもさほど大差ないかもしれませんが、実は胎盤からプラセンタエキスを抽出する方法や、そのエキスを粉末にしてカプセルに詰めるまでの製造方法によって、品質が大きく変わってきます。馬プラセンタを選ぶときには、以下の2点「エキスの抽出方法」と「プラセンタ末の製造方法」についてその違いを把握しておくと、より品質のよいものを選択することができるようになると思いますので、参考にしてみてください。

①エキスの抽出方法の違い

A 培養細胞法
ウルトラフィルターと呼ばれるフィルターを通すことによって生きたままの細胞を抽出できる最先端技術。非加熱処理であるため有用成分が壊れない。
B 酵素分解法
低温殺菌したプラセンタの細胞壁と酵素を反応させて不要な部分を分解し、有用な成分を抽出する方法。
C 凍結融解法
液体窒素による急速な凍結と解凍をくり返すことによって有用な成分を抽出する方法。
D 凍結酵素抽出法
酵素分解法と凍結融解法を組み合わせることで有用な成分を抽出できる割合をアップさせた新しい方法。両方のデメリットが軽減されているがその分コストと時間がかかる。
E 加水分解法
胎盤に酸を加えることで化学反応によってタンパク質を分解し、抽出する方法。アミノ酸レベルまでタンパク質を分解できる反面、一部の有用成分が酸によって破壊されやすいというデメリットもある。
F 分子分画法
分離膜というフィルターによって不純物を除去して有用な成分のみを抽出する方法。

いろいろな抽出方法がありますが、高い抽出率で有用な成分を壊さずにエキス化できるものはA培養細胞法、B酵素分解法、D凍結酵素抽出法、F分子分画法の4つだと言われています。

②製造方法の違い

では次に、抽出されたエキスを粉末にするまでの製造方法についてです。この工程で殺菌し、ウイルスなどを除去して最終的に粉末にするのですが、それには大きく分けて以下の2つの方法があります。

A フリーズドライ製法
プラセンタエキスをマイナス30度に凍結し、その後減圧することで水分を蒸発させて粉末化する方法。加熱せずに水分だけを除去することができるため、エキスに含まれている栄養成分をそのまま残すことが可能です。また、粉末化された後は常温で長期間の保存が可能であるというメリットもあります。
B スプレードライ製法
プラセンタエキスを霧状に噴射し、約200℃の熱風で乾燥させて粉末化する方法。水分を含むエキスの粒子にかかる温度は50℃まで下がるため、アミノ酸やビタミンなどの有用成分が完全に損なわれるわけではありませんが、フリーズドライ製法と比較するとやはり栄養成分の量は下がってしまいます。

スプレードライ製法はフリーズドライ製法よりも比較的安価であるため、スプレードライ製法で作られたプラセンタサプリのほうが商品価格を安くできるというメリットはあるかもしれません。ただし、やはりその分摂取できる栄養の割合は下がってしまうので、購入の際にはそういった事情も含めて比較検討することをおすすめします。

あまり知られていない?馬プラセンタサプリ選びの注意点
馬プラセンタサプリ人気NO1 馬プラセンタサプリ人気NO1

関連記事

ページのトップへ