プラセンタ原液効果について詳しく解説しています。
人気の馬プラセンタサプリを徹底比較!コスパがよくて効果があるのはどれ?
  1. プラセンタ原液100%の意味と効果

プラセンタ原液って本当に効果が高いの?
「原液」「100%」の意味

「プラセンタ原液」は効果が高いのか?

「プラセンタ原液」は効果が高いのか?

「原液」「100%」「高濃度」といった言葉をコスメやサプリではよく見かけますね。これらの言葉からは、「余計なものが入っていない」「そうでないものに比べて効果がありそう」な印象を受けます。「プラセンタ原液」なんて聞くと、とても効果がありそうな気がしますよね。このイメージ、実際のところはどうなのでしょうか。本当に効果が高いのでしょうか?

「原液」「100%」「高濃度」の本当の意味

「原液」「100%」「高濃度」の本当の意味

「原液」「100%」「高濃度」、これらの言葉の違いをきちんと理解することが、自分にあったコスメやサプリを選ぶうえではとても大切です。「なんとなく“高濃度”の方が効き目がありそうだから」とイメージだけで購入することがないようにしたいですね。

原液
「原液」とは、多くの辞書によると「加工したり薄めたりしない前の、濃い液体」のことを指します。厳密に「どのような方法で抽出された、どのような内容の製造物」なのかという決まりはなく、化粧品の場合は「単一の原材料から抽出した成分」、サプリの場合は「有効成分の原料のみ」とイメージされることが多いようです。
100%
これもよく見かける言葉です。「その成分のみ」であることを指しますが、化粧品によくあるヒアルロン酸やコラーゲンの「100%」の状態は「粉末」です。プラセンタの場合は胎盤が元になっていますから、肉や血液のかたまりそのものやそれらを乾燥させたものということになります。
高濃度
これこそもっともわかりにくい表現ですよね。「何と比較して高濃度なのか」「どれくらい濃度が高くなっているのか」、元の基準値があいまいなものですから、基本的には「自社従来品比較」といった注意書きがつきます。また最終段階の製品として同じ濃度でも、原材料段階から「濃い原液」も「薄い原液」も存在するため、本当の意味で高濃度かどうかを判断することは難しいと言えます。

化粧品もサプリも濃い方が効果が高いわけではない

化粧品もサプリも濃い方が効果が高いわけではない

「高濃度プラセンタ原液100%!」なんて、結局なにがなんだかよくわからないけど良さそうだからこれにしよう!と購入決定したことがある方は多いのではないでしょうか。また「効き目がないのは濃度が薄かったからかも」とより高濃度のものを求めたり、「やっぱり原液じゃないと!」なんて思ったりすることもあると思います。ですが、そもそも「高濃度=効果がある」のでしょうか?

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の言葉通り、実は「濃ければいい」というわけではありません。特にプラセンタの場合は原料がそもそも生物の臓器ですから、濃ければ濃いほど腐敗しやすくなります。化粧品の場合には、腐敗防止のための添加物で肌への刺激が強くなることもあります。化粧品もサプリも肌や体内への浸透率を高めるために濃度を調整し、効果が最大限になるように設計されたものの方がユーザーにとっては親切で良心的な製品だと言うことができるでしょう。

馬プラセンタサプリ人気NO1 馬プラセンタサプリ人気NO1

関連記事

ページのトップへ